多喜山城跡・日向山石段

カテゴリアイコン

多喜山城跡・日向山石段

標高222.9mの日向山に築かれた戦国時代の山城跡。織田・豊臣政権の手になるとされる虎口(城門跡)や石垣は、近世の城郭につながる初期の形を示すものとして全国から注目されている。山頂まで721段の石段が整備され、龍王の祠がある。山麓の日向山古墳は古墳時代後期の円墳。石室内部の見学は市スポーツ・文化振興課まで。

詳細情報

名前多喜山城跡・日向山石段
よみかたたきやまじょうあと・にっこうやまいしだん
住所〒520-3017 栗東市六地蔵
駐車場10台
アクセス(登山口まで):
JR草津線「手原駅」下車、くりちゃんバス10分「日向山バス停」下車、徒歩3分
JR琵琶湖線「草津駅」下車、滋賀バス14分「髙野バス停」下車、徒歩15分
お問い合わせ先スポーツ・文化振興課
電話番号077-551-013
  • ほじょ犬同伴OK
栗東市へのアクセス
くりちゃんグッズのネット販売 BASE

栗東観光お役立ちメニュー

  • 栗東観光パンフレット
  • ボランティア観光ガイド
  • こんぜめぐりちゃんバス
  • RITTOUフォトコンテスト
  • 栗東観光案内所について
観光物産協会の会員一覧

栗東観光案内メールサービス