第24回RITTOフォトコンテスト入賞作品


最優秀賞

「我が街の夜景」

草野 和彦 さん

【講評】

 栗東の景色を夜景で表現し、光輝く美しい表現が出来た作品です。

 中央の山を画面の3分の1の部分にあしらい、光の帯で挟む事で、より栗東の特徴が表現できるだけでなく、輝きが引き立っています。

撮影場所:横ヶ峯展望所


市長賞

「天狗岩」

杉谷 幸雄 さん

講評】

 天狗岩の間に太陽を覗かせ、太陽のフレアを生かす事により、自然の雄大さと神秘性を表現した作品です。

 天狗岩をシルエットにした事により、岩の形状の面白さが表現出来ています。

 撮影場所:金勝山


会長賞

「九品の瀑布」

泉川 英 さん

【講評】

 流れ落ちる水が、あたかも布のように見える神秘的な作品です。

 水の流れをスローシャッターで撮影する事で、霧のような表現と動感の表現に成功しています。

 撮影場所:九品の滝


優秀賞

「心惹かれて」

西村 祐三 さん

【講評】

 行灯が並ぶ参道をシルエット表現された人物が、光で照らされた建築物に吸い込まれていくような感を受け、静と動をうまく表現された作品です。

 左右対称表現併せて、トンネル構図利用することで、人物に視点が集まる表現により、主体がはっきりと分かります。

 撮影場所:六地蔵 福正寺


優秀賞

「至福の一時」

樋口 浩司 さん

【講評】

 優しい緑の木々が生い茂る中に、ごつごつとした天狗岩を部分的に覗かす事で、対比をうまく利用し天狗岩の険しさをより醸し出した作品です。

 緑の中の岩の配置が、的確な位置に表現されていて、大半を占める緑の中にも関わらず、天狗岩に目が留まります。

 撮影場所:金勝山


栗東八景賞

「安養寺の秋」

上嶋 正彦 さん

【講評】

 赤と青の垂れ幕が続く先に、緑の木々と紅葉したもみじを入れる事で、色彩豊かな作品に仕上がっています。

 左右対称表現と併せて、遠近法をうまく取り入れ、逆台形の中にもみじを入れる事で、もみじが引き立つ表現が出来ています。

 撮影場所:東方山 安養寺