国内最大級笠形木製品出土

国内最大級の笠形木製品出土

栗東市安養寺に所在する椿山古墳で国内最大級の笠形木製品が出土しました。

椿山古墳は古墳時代中期に築かれた全長99mと県内最大の帆立貝形前方後円墳です。今回、椿山古墳後円部周濠の発掘調査で、濠の底から笠形木製品6点が発見されました。

笠形木製品は「木製埴輪」ともいわれるもので、今回出土した直径75cm程度のものは、大阪府誉田御廟山古墳(応神天皇陵)で見つかったものに次ぐ大きさで、全国でも最大級です。

今回の出土品は栗東市歴史民俗博物館で8月6日まで速報展示されています。

この機会に是非!!

椿山古墳出土品速報展示

場所:栗東歴史民俗博物館

   栗東市小野223-8

期間:8月6日(日)まで


詳細は、こちら↓

栗東市歴史民俗博物館ホームページ

 

お問い合わせは、栗東市歴史民俗博物館まで  TEL 077-554-2733